FX初心者の人妻トレーダー☆ゆーちゃんです。 小額取引で、毎月プラス1000pipsを目標にしています☆
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おはようございます。

以下、住民税の還付についてです。


まず、対象となる方は、

平成18年度に退職された方、平成19年度に産休などで休職されていた方、住宅ローン控除を受けている一部の方です。


内容としては、

税源移譲により、所得税率の変更による税負担の軽減の影響は受けず、住民税率の変更による税負担の増加の影響のみを受けた方については、平成19年度分の住民税額から、税源移譲により増額となった住民税相当額を減額し、納付済の場合は還付します

ということなんですが・・・・・


なんのこっちゃ


簡単に説明すると、


平成19年度に税源移譲がありました。

通常の場合、

平成19年度に支払う税金は

所得税・・・・・・税源移譲により安くなる(平成19年度の所得で計算)

住民税・・・・・・税源移譲により高くなる(平成18年度の所得で計算)

となる訳です。


しかし、私のように、平成18年度に退職した方については、

所得税・・・・・・税源移譲により安くなるはずだが、平成19年度は所得なしのため、影響なし

住民税・・・・・・税源移譲により高くなる(平成18年度の所得で計算)

となっている訳です。


そんなんしているやん!!

ということで、申告したら、損した分の住民税が還付される訳です。



平成19年度に産休などで休職されていた方についても同様の考え方になります。


住宅ローン控除を受けている方については、税源移譲により所得税から住宅ローン控除可能額を控除しきれなかった(本来控除されるはずの住宅ローン控除額より所得税が少なくなった)方のみが対象となります。


ちなみに、

この制度で還付してもらうためには、

平成20年7月1日~31日までに、ご自身で申告する必要があります!!

申告先は、平成19年1月1日時点で住んでいた市町村です。


私は、早速、昨日、申告してきました~!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブログ村ランキングの応援クリックいつもありがとうございます☆

お手数ですが、ポチっとひとつクリックお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yu7814.blog33.fc2.com/tb.php/34-b8c634d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。